【年長(新年長)】冬期講習会のご案内

●本年長に向けて

 スイング幼児教室は、本年長になるまでに各クラスのカリキュラムを本番レベルまで引き上げ、必要な一通りの基礎力を身につけます。

 本年長からは難関校で求められる、「知性と創造性」、「運動能力と精神力」、そして「個性」の、高いレベルでの調和を目指していきます。本年長に上がってから慌てる事なく腰を据えじっくり取り組める事は、ご家族にとって、お子様にとって、非常に良い教育環境となります。

 冬期講習会では、通常授業の総復習や応用問題、分野別、志望校別の集中特訓など、多彩なカリキュラムを用意し、この新年長期の学習を最大限サポートいたします。

 この時期の頑張りが、半年後の成長速度に影響しますので、後手の対応とならぬよう、今から着実に準備を進めていきましょう。

 詳細につきましては、以下のご案内をご確認ください。 

※20191112日(火)-1118日(月)は、会員先行受付期間となります。

※11月12日(火)11時~ 受付開始(11月18日までは会員先行受付期間となります。)

●【会員限定】冬期講習会・複数プログラム受講パックについて

会員の方限定で、対象のプログラムを複数受講されると受講料を割引いたします。

詳細は、以下の通りとなっております。

●プログラム一覧

●各プログラム内容

■学校別 総合

①【慶應義塾幼稚舎】男女別2020年度入試本番再現特訓

(絵画・行動観察・体操)

②【慶應義塾横浜初等部】男女別2020年度入試本番再現特訓

(ペーパー・工作・行動観察・体操)

 

 2020年度(今年度)の慶應義塾幼稚舎、慶應義塾横浜初等部の実際の考査や教室移動の情報から試験を再現した授業を行います。最新の傾向をもとに選ばれるポイントを解説していきます。実際の試験を体感し「どのような考査が行われるのか」を知ることができます。その上で「何が求められるのか」「その為には今何が必要なのか」「これからどう取り組んでいくのか」について合格実績の高いスイングならではの視点で解説していきます。

 幼稚舎、初等部や多くの難関校では、課題をそつなくこなせるだけでは合格をつかみとれません。

 試験本番までの約1年間、大きなアドバンテージを作るために必須のカリキュラムです。

※慶應義塾幼稚舎、慶應義塾横浜初等部を志望する人以外でも、ペーパー・絵画・工作や行動観察、体操の考査がある学校を志望する方は本プログラムをご受講ください。

 

➂【早稲田実業学校初等部】 2020年度入試本番再現特訓

(ペーパー・絵画・生活巧緻性・行動観察・体操)

 

 早稲田の考査は、絵画、ペーパー、生活巧緻性、行動観察など出題範囲がとても広く高い総合力が求められます。

 生活に密着した課題や指定のアイテムを使った集団遊び、問題解決能力を問われる行動観察でのコミュニケーション能力、基本的な運動能力と模倣などの表現課題や体操など、最新の傾向を捉えつつスイングならではの細やかな視点で、選ばれるためのポイントを解説していきます。

 試験本番までの約1年間、大きなアドバンテージを作るために必須のカリキュラムです。

※早稲田実業学校初等部を志望する人以外でも、絵画、ペーパー、生活巧緻性、行動観察の考査がある学校を志望する方は本プログラムをご受講ください。

 

■絵画

④【絵画】基礎絵画力向上プログラム

 

 年長クラスでは、「難関校総合クラス」「K(慶應)クラス」共に、基本的な絵画スキルがあることを前提に指示絵画や想像画などの授業を進めています。

 人の描き方や一枚絵の仕上げ方などの絵画スキルが不足していると、授業効果を十分に受けられなくなります。

 本プログラムを通して基礎技術力をつけ、授業でもスムーズに課題に取り組めるようにしていきましょう。

 

■工作

⑤【工作】必須テクニック習得プログラム(画用紙、紙コップ、紙皿)

 

 工作において必須となるテクニックをまとめたプログラムです。作品が平面的になったり、時間がかかり過ぎたりする原因は、テクニック不足によるものがほとんどです。

 一緒に作品を作りながら、工作における技術力や作品を洗練させる工夫を学ぶ講習です。

 

■行動観察

⑥【行動観察】チームワーク&課題クリアプログラム

 

 「声が小さい」「姿勢が悪い」「提案できない」などは早めに取り組みたい課題です。このプログラムでは課題クリアカードを使用し、1人1人の課題を明確にして、クリアできる毎にシールをカードに貼っていきます。自分の課題を意識させることで着実に力をつけていき今後に繋げていきます。

 高倍率校の考査では多弁かどうかではなく目的を理解し、達成するためにチームにいかに貢献できたかが問われます。「自分で」ではなく「チームで」というチーム主義の考え方を学びましょう。また、早期に習得した行動はこの一年の成長曲線に大きくかかわります。

 

■ペーパー

⑦【ペーパー】基礎総仕上げ特訓  ホップ

 

 ペーパー全分野の総点検と本番での頻出問題を集約したプログラムです。本年長になるにあたり、再度確認しておきたい重要分野やマスター必須のポイントを確認し、実力強化の土台を完成させます。

 年明け以降、本番に向けて応用問題にチャレンジしていくためのベース作りができる良い機会となります。

 全ての皆さまにお勧めのプログラムです。

 

⑧【ペーパー】応用力養成特訓 ホップ

 

〈対象校〉

暁星・早稲田・成蹊・筑波・精華・洗足・聖心・雙葉・白百合・立教女学院・光塩女子・豊明 等

 

 ペーパーの思考力・応用力を強化するプログラムです。この時期に一歩先に行くことを目指し、「得点差のつく問題」や「難易度の高い問題」、「考える力を養う問題」を中心に取り組みます。頭を悩ませ、試行錯誤しながら問題に取り組むことで、思考力が鍛えられます。ぜひ、チャレンジしてください。

 

■体操

⑨【慶應義塾幼稚舎・慶應義塾横浜初等部】技術集中特訓

(跳び箱・マット・平均台・ボール・ステップ・ゴム段)

 

 慶應(幼稚舎・横浜)を受験するにあたって出題傾向の高い技術を中心に修得するプログラムです。2時間集中して行うことで効率よくレベルアップを目指せます。

 今後、サーキット(連続運動)でスピードを上げるためには一つ一つの運動技術が大きく役に立ちます。早めに技術修得ができている子はその後のサーキットでスピードが上がりやすい傾向にあります。

 冬期講習会で今後一年間のアドバンテージをつくりましょう。

 慶應(幼稚舎・横浜)を受験する方には必須のプログラムです。

 

■生活・巧緻性

⑩【巧緻性・生活分野】特訓 ホップ

 

〈対象校〉

学習院、早稲田、暁星、聖心、雙葉、東洋英和、白百合、豊明、立教女学院、東京女学館 等

 

 ちぎる、たたむ、結ぶ、包む、折る、掃くなど、日常生活の中で手先を使う活動について、網羅的に行います。女子校を受験する方はもちろん、早稲田や暁星、学習院などでも巧緻性と生活考査は重視されています。「できる」ではなく、差をつけられるように技術力だけでなく、見る力・聞く力も同時に力をつけ、しっかりと対策を行いましょう。

 

※11月12日(火)11時~ 受付開始(11月18日までは会員先行受付期間となります。)

【新年長】第1期 模試

2019年12月に新年長を対象とした模試を開催いたします。

【受付開始】11月1日(金)11:00

・第1期 慶應義塾幼稚舎模試

・第1期 ペーパー総合模試 

※外部生の方もお申し込みいただけます。

●2019年度 合格速報

◆東京(私立)

慶應義塾幼稚舎(39名)

早稲田実業学校初等部(22名)

学習院初等科(26名)

暁星小学校(25名)

成蹊小学校(12名)  

立教小学校(11名)

青山学院初等部(11名)

雙葉小学校(6名)  

白百合学園小学校(7名)  

聖心女子学院初等科(11名)

東洋英和女学院小学部(7名)

立教女学院小学校(6名)  

東京女学館小学校(13名)

◆神奈川

慶應義塾横浜初等部(26名)

洗足学園小学校(45名)

横浜雙葉小学校(18名)

精華小学校(14名)

合格実績はこちらから

 

●体験レッスン募集中

スイング幼児教室は子供の創造力を伸ばす小学校受験専門の幼児教室です。一人ひとりにあったきめ細やかな指導で自律的な思考力や探究心、豊かな創造性を育てます。体験レッスン随時受付中です。

年長クラス詳細へ

年中クラス詳細へ

年少クラス詳細へ

★メールマガジン

家庭学習を効果的に進める方法をお届け。

ご登録はこちら

●子供を伸ばす勉強法ブログ

勉強法や日常生活の注意点など、思うことを書いています。参考にしてください。  

ブログはこちら